クリスタルツール~トゥルーブルー~

今回はトゥルーブルーです

スマートで、塔のようなビジュアルをしています。

 

きちんとしている感じもしますね。

 

ブルーという色は、寒色系の代表であり、沈静的な性質を持っています。

 

ブルーは動物や植物などの生物ではなく、物質的な色と言えます。

 

また後退色で実際よりも距離が遠く感じられ、有目性も低いため控え目なイメージがあります。

 

物の見えとしては収縮する性質があり、外側ではなく内側に向かう感覚を与えることから、内省を表す色でもあります。

 

冷たさを感じさせるため、心理的にはクールな方向を示し、感情や情緒ではなく理知や思考と結び付いています。

 

そうした色の特徴を形に置き換えると…。



「閉鎖的な形」「抑制的な形」となります。

 

では、閉鎖的な形、抑制的な形とは具体的にどんな姿をしているのでしょうか?

 

そのヒントは「細長さ」にあります。

 

クリスタルカラーセラピートゥルーブルー細長さ橋 クリスタルカラーセラピートゥルーブルー細長さ建物

細長い形は狭さを感じさせて、閉じ込められた印象を与えます。

 

明るさよりも暗さ、

 

暖かさよりも冷たさ、

 

柔らかさよりも堅さ、

 

賑やかさよりも静けさ、

 

行動力よりも思考力を感じさせます。

 

まさにブルーの性格を体現していると思いませんか?

 

内省を表すブルーの性格を象徴するように、細長い形は閉塞性、内省を表します。

 

トゥルーブルーは、「静かな状態」で、「自分の本音と向き合う」という意味を持っています。

 

そのためには閉じこもった形が最もふさわしい。

 

さらにこのツールは、ブルーの象徴である冷静、大人を意味することから、細長さに加えきちんと線を引いた形をしています。


クリスタルカラーセラピートゥルーブルー

 

この秩序だって引かれた線が「分別のある大人」を表しているのです。

 

斜めのカッティングは自分自身の深い領域に下りて、「本当の自分と向き合う」ということを示しています。

 

だって本心や本音って、上下でいうなら下だったり深いところにあるでしょう?

 

トゥルーブルーは、「周囲の環境や物事などから少し距離を置いて、静かな世界に身を置き、自分の本音や本心と向き合いましょう」

 

というメッセージを体現しているツールなのです。

 

トゥルーブルー<静止>


プラスキーワード:真実を見つめる目、自身への関心の高まり、理想や憧れの追及、自立、秩序、整理、優先順位、平穏、精神性

Herb・Room leafで、クリスタルツールに触れてみませんか?

2010年秋に誕生した世界初のクリスタルカラーセラピー は、色と形によって自己の再発見を促し、癒しと前向きな希望を心にもたらすことを目的として開発されたセラピーシステムです。

 

 

手に取って実際に触れていただき、あなたに色の形を体感していただけたら嬉しいです。

 

まずは、ビューティーリーディングから体感してみられませんか?